ムラサキホコリカビ(紫埃黴)(読み)ムラサキホコリカビ(英語表記)Stemonitis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムラサキホコリカビ(紫埃黴)
ムラサキホコリカビ
Stemonitis

変形菌類,外生胞子類ムラサキホコリカビ科。腐朽した材の上に発生し,木の幹,落ち葉,草の茎などの上にも出る。全世界に分布し,その種類は変種を含めて 10種以上が数えられる。子実体は円柱状,下部は黒色の柄となり,多数が束状に並んで変形体の乾燥したところに着生する。各子実体は柄に続く柱軸を有し,それから立体的に生じた分枝はさらに細かく分れて,その先が互いに結んで子実体の表面を形どる網目となる。子実体が成熟すると,その中に多数の紫褐色の胞子を生じ,軽くたたけば子実体は簡単に崩壊して胞子が飛散し,子実体の網目が残る。胞子は球形,表面に微小突起が密生している。日本ではしばしば S. spledensがマツ類の樹上に生じるのが知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android