コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変形菌類 へんけいきんるい Myxomycetes; Mycetozoa; slime molds

3件 の用語解説(変形菌類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変形菌類
へんけいきんるい
Myxomycetes; Mycetozoa; slime molds

粘菌類,動菌類ともいう。肉眼的に小型の菌類のようにみえる子実体を生じ,無数の胞子を形成するが,その胞子は発芽して菌糸になることなく,アメーバ状の細胞もしくは鞭毛を有する細胞体となって運動し,細菌,酵母菌のような生物を捕食したりして成長する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

へんけいきんるい【変形菌類 slime mold】

光合成色素を欠き,腐生生活を行い,多くは固形物を摂取して細胞内消化をする生物の総称。生活史のうち栄養生活相のときは,細胞壁のない単核または多核のアメーバ状(これを変形体という)で自由生活をし,固型物をとる。植物細胞に寄生するものは体表から栄養物を吸収する。生殖相では,膜をかぶった胞子を作って気中に立ち上がり,カビ状の子実体を形成する。このようにアメーバ状の相,カビ状の相を備えるところから変形菌の名が生じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

変形菌類
へんけいきんるい
[学]Myxomycota

真核菌類のうち、細胞壁のない変形体をつくるものの総称。以前は偽(ぎ)変形体をつくるものを含めて変形菌類または粘菌類ともいわれたが、偽変形体をつくる細胞粘菌類とラビリンチュラ類は、進化経路が異なるため現在はこれから除外される。栄養体はアメーバ運動を行う単細胞体(粘菌アメーバ)、または多核を含む変形体である。胞子から生じた遊走子には前端に長短2本1組の鞭毛(べんもう)がある。[寺川博典]

生態と栄養

被子植物類の根や藻類に寄生するものもあるが、多くは朽ち木・落ち葉、腐植質に腐生する土壌菌である。粒状有機物や細菌などを取り込んで捕食するもののほか、モジホコリカビ類のように担子菌類のキノコを変形体が覆って栄養をとるものもある。変形体内にはグリコーゲンを蓄え、油滴や色素をもっている。色は白と黄が一般的であるが、黒、褐色、紫、青、緑、赤、橙(だいだい)などのほか、無色のものもある。[寺川博典]

体制と生殖

粘菌アメーバは、単相または複相の一核をもつ。単相粘菌アメーバは胞子から生じるか、あるいは遊走子の鞭毛がとれてできる。単相粘菌アメーバは分裂と接合を行うほかに、菌によっては寄生して単相変形体となる。複相粘菌アメーバは接合子から生じ、成長して複相変形体になる。これには微小変形体(原生変形体)、陰生変形体、顕生変形体の三つの型がある。
 以下、変形菌類の特徴に触れる。
(1)休眠体制 変形体、とくに顕生変形体は環境が悪くなると、不規則に密集して角質の塊になる。これは菌核(皮体)といわれ、環境がよくなると、また変形体を生ずる。変形体からは休眠胞子が形成されるが、そのとき一般に変形体から子実体が形成され、子実体に胞子が形成される。なお、若い、小さい変形体の休眠体制はマクロシスト(大包嚢(だいほうのう))とよばれ、粘菌アメーバの場合はミクロシスト(小包嚢)といわれる。
(2)子実体 子実体形成には、光、温度、湿度、酸度などが関係する。子実体の形、色、大きさはさまざまであるが、子実体の表面に栄養胞子を外生する裸実子実体(ツノホコリカビ綱)と、真正胞子を内生する被実子実体(胞子嚢)がある(変形菌綱)。後者には、変形体表面上に膜を堆積(たいせき)して盛り上がって子実体になる場合(変形腹菌亜綱)と、基物上に堆積した膜の上で塊になった変形体から子実体が発達する場合(ムラサキホコリカビ亜綱)がある。
 被実子実体には変形子実体、団塊子実体、有柄(ゆうへい)胞子嚢群の三型がある。変形子実体はある程度もとの分岐した変形体の形を保って網状、枕(まくら)状、ビスケット形などに分断して外壁を生じ、胞子を内生する。団塊子実体は塊状で、まれに直径20センチメートル以上のものもある。有柄胞子嚢群は高さが4.5~25ミリメートルで、これが数百個密生する場合もある。この胞子嚢のなかには、胞子のほかに柱軸、細毛体などの構造をもつものもあり、石灰が堆積するものもある。[寺川博典]

分類

変形菌類は四綱に分けられる。水生変形菌綱、ネコブカビ綱、ツノホコリカビ綱は各一目を含み、変形菌綱は、変形腹菌亜綱の四目と、ムラサキホコリカビ亜綱の一目を含む。胞子嚢内の細毛体の有無とその特徴は、分類上重要視されるものである。
〔1〕水生変形菌綱
(1)水生変形菌目 微小変形体か粘菌アメーバが、サヤミドロやユレモに寄生して休眠胞子を形成する。詳しいことはまだ知られていない。
〔2〕ネコブカビ綱
(1)ネコブカビ目 微小変形体がキャベツやジャガイモなどの根に寄生してこぶ状にする。宿主細胞内で生活環の大部分を過ごし、真正胞子を塊状に形成する。
〔3〕ツノホコリカビ綱
(1)ツノホコリカビ目 朽ち木その他腐植質に腐生し、裸実子実体を生ずる。ヒメツノホコリカビの子実体は短柄とその先の一胞子からなり、高さは0.15ミリメートルほどである。胞子には多核が含まれている。
〔4〕変形菌綱
(a)変形腹菌亜綱
(1)エキノステリウム目 原生変形体から高さが一般に1ミリメートル以下の微小な有柄胞子嚢を形成し、少数の胞子を内生する。柱軸は発達しない。胞子は微小ないぼで覆われ、発芽すると遊走子を生ずる。
(2)クダホコリカビ目 原生変形体または顕生変形体から、団塊子実体その他を形成する。細毛体はない。胞子壁には刺(とげ)、網目などがある。クダホコリカビ、マメホコリカビは団塊子実体を形成し、アミホコリカビの有柄胞子嚢には柱軸がある。
(3)ケホコリカビ目 陰生変形体と顕生変形体の中間の変形体から、細毛体のある子実体を形成する。ケホコリカビ、ヌカホコリカビなどは変形子実体、ハイイロウツボカビは柱軸のない有柄胞子嚢群を形成する。
(4)モジホコリカビ目 発達した顕生変形体から、一般に高さが0.5~1.7ミリメートルの有柄胞子嚢群を形成し、細毛体がある。ただし、カワホコリカビの黄色の変形体は腐植土や植物体上にはいあがり、大きい団塊子実体を形成する。
(b)ムラサキホコリカビ亜綱
(5)ムラサキホコリカビ目 陰生変形体から一般に有柄胞子嚢群を形成する。胞子嚢には柱軸から分岐した細毛体があり、その細まった末端は連結して網をつくっている。[寺川博典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の変形菌類の言及

【菌類】より

…また運動性のある菌は特殊な器官をもつ。
[分類,体制]
 変形菌門Myxomycotaと真菌門Eumycotaの二つの門に大別され,後者は鞭毛菌類接合菌類子囊菌類担子菌類不完全菌類の五つの亜門に分けられる。この分類基準は有性生殖器官の形質におかれ,したがって有性生殖の見いだされないものは,とりあえず不完全菌類としてまとめられている。…

【菌類】より

…また,分枝の先端にできる囊状の袋に無性胞子が内生するものもあり,これを胞子囊胞子といい,接合菌類のケカビ目にみられる。 なお前述の生物5界説では,変形菌類や鞭毛菌類の卵菌類やサカゲツボカビ類を,藻類などとともに原生生物界に含める。
[生活史]
 菌類の胞子が発芽し,ある一連の状態を経て再びもとの胞子形成に至る道程を,一般に生活史と称している。…

【植物】より

…このようなものを原核生物と呼び,構造のはっきりした核をもっている真核生物と区別することがある。 原生生物界には原生動物のほか卵菌類,サカゲツボカビ類,変形菌類など菌界に属さない広義の菌も含まれるが,かつて植物とされていたもののうちでは,藻類が原生生物界に含められる。藻類の分類は藻類の項に記されているが,主要な門について述べると,紅藻類 多細胞体ではあるが,体制は基本的には糸状体であり,それがもつれあって寒天質に包みこまれ,外見は複雑な構造をもつようにみえる。…

※「変形菌類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

変形菌類の関連キーワード寄生植物光合成細菌紅藻類藻類腐生半寄生変形菌油溶性タール色素光合成サイクル光合成色素

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

変形菌類の関連情報