網目(読み)あみのめ

精選版 日本国語大辞典「網目」の解説

あみ‐の‐め【網目】

〘名〙
の、編んであると糸、または、針金と針金とに囲まれたすきまの部分。また、そのように張りめぐらされた状態のたとえ。あみめ。
※百法顕幽抄平安中期点(900頃)「網(アミ)の目(メ)斉整(ととのほ)りぬ」
② (網の目のように)多い人目。また、他人からの監視の目。→あみのめ(網目)を潜(くぐ)る
※盲獣(1931‐32)〈江戸川乱歩〉鎌倉ハム大安売「張りめぐらされた警察の網(アミ)の目(メ)を、どこをどうして逃れたのか」
※雑俳・川傍柳(1780‐83)二「網の目へ断(ことわり)出羽の郡司いい」

あみ‐め【網目】

〘名〙
① 網の、編んである糸と糸とに囲まれたすきまの部分。また、そのような部分があって、網のような状態になっているものや、その模様。あみのめ。
道程(1914)〈高村光太郎〉淫心「われら共に超凡、すでに尋常規矩の網目を破る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android