コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラヴィヨーフ Murav’ie¨v‐Amurskii, Nikolai Nikolaevich

1件 の用語解説(ムラヴィヨーフの意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

ムラヴィヨーフ

没年:露暦1881.11.18(1881.11.30)
生年:露暦1809.8.11(1809.8.23)
ロシアの軍人,政治家。1847年から1861年にかけてイルクーツクおよびエニセイ県知事兼東シベリア総督。1858年清国と愛琿条約を締結し,アムール川の航行権を獲得するとともに,この川をもって露清両国の国境とした功績によって伯爵に叙され,アムールスキーの称号を授けられた。安政6(1859)年軍艦6隻を率いて品川沖に来航し,サハリンをロシア領と認めるよう江戸幕府にせまったが,これは成功しなかった。1861年退役し,国家評議会議員を務めたあと,パリで暮らし,この地で死亡した。1991年,遺言にしたがってウラジオストクに墓が建設され,パリからこの地に遺骨が移された。

(外川継男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

ムラヴィヨーフの関連キーワード単元株制度民事再生法アレクサンドルアレクサンドルブラジル文学日本鉄道岩崎弥太郎オイレンブルクベルクールホープ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone