コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山岳派 さんがくはMontagnards

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山岳派
さんがくは
Montagnards

フランス革命期,国民公会における左翼勢力。山岳派の名称は議会で最も高い位置に席を占めたことに由来する。 G.ダントン,J.マラー,M.ロベスピエールらジャコバン左派議員を中心とし,サン=キュロット運動と結合して革命を推進し,ジロンド派に対立した。 1793年6月ジロンド派国民公会追放以来,山岳派独裁を実現し,革命裁判所公安委員会を創設して,いわゆる恐怖政治を展開,内外からの反革命の脅威に対処した。しかし,大衆の社会的,経済的諸要求とブルジョアの利害を調整することができず,内部分裂を生じ,またサン=キュロットとも離反した。 94年春,「バントーズ法」を提起したものの,7月 27日 (→テルミドール九日 ) ,ロベスピエールが失脚するに及び,山岳派公会は解体し,その勢力も衰退した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

山岳派【さんがくは】

フランス革命期の国民公会の左派。原語ではモンタニャールMontagnard。この名は議場の高い所に席を占めていたことに由来。パリのジャコバン・クラブメンバーが中心で,1793年ジロンド派を追放して,公安委員会革命裁判所を支柱として恐怖政治(山岳派独裁)をしいた。
→関連項目エベールサン・ジュスト総裁政府デムーランテルミドール9日ナポレオン[1世]フーシェミラボールイ[17世]ロラン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんがくは【山岳派 Montagnards】

フランス革命期の国民公会における左翼議員のグループで,議場内の高い位置にある座席を占めたのでこの名がつけられた。現在の政党とは異なって,メンバーの登録や規約などのない,ゆるやかなグループをなしていたにすぎないから,その人数を確定することはできないが,1792年9月に国民公会が召集された直後には,議員総数約750名のうち100名余りであり,93年には約300名ほどになったと考えられている。山岳派の主要な指導者は,ロベスピエールダントンマラーなどであり,93年夏からはとくにロベスピエールの影響力が強くなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山岳派
さんがくは
Montagnardsフランス語

フランス革命期における政治党派。この派の議員たちが、国民公会の議席の高所を占めていたことに由来する。パリのジャコバン・クラブに関係し、国民公会成立、第一共和政発足の1792年9月ごろから、94年7月ごろまで活躍したジャコバン派の急進分子で、ロベスピエール、ダントン、マラーらがその代表的政治家。元来、ブルジョア共和主義者たちであるが、革命的な民衆勢力、とくにパリの手工業者や小商店主など、いわゆるサン・キュロットと結んで、革命を進展させ、またパリ中心の中央集権化を目ざした。まず国王ルイ16世の裁判と処刑を推進、ついで革命戦争の劣勢、反革命内乱、経済混乱などによる革命の危機に対処するため、制定したジャコバン憲法(1793年憲法)の実施を延期、国民総動員の非常体制をとりつつ、公安委員会などを中心に恐怖政治を敷く一方、民主的諸政策を行った。93年6月、政敵ジロンド派を粛清してからは独裁的な権力を握ったが、分派の対立によって弱体化し、94年7月末、ロベスピエール派没落によって勢力を失った。
 なお、第二共和政(1848~52)下、急進的な共和主義国会議員たちも、この党派名をもってよばれる。[山上正太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の山岳派の言及

【恐怖政治】より

…93年1月に国王ルイ16世が処刑されたのち,第1次対仏大同盟の結成による戦局の悪化や反革命内乱の深刻化に直面して,革命を防衛し遂行するための強力な中央集権的統治が必要とされ,同年10月に,憲法によらない非常体制としての革命政府が樹立され,組織的な恐怖政治が行われることになった。ジロンド派を追放して議会(国民公会)の主導権を握った山岳派(ジャコバン派)は,議会内に設置された公安委員会に権力を集中し,革命遂行のための諸政策を強行すると同時に反対派の弾圧を強化したため,恐怖政治は山岳派独裁の武器になった。93年3月10日に創設されていた革命裁判所は,同年9月に制定された反革命容疑者法に基づいて大量に投獄された反対派(反革命的な貴族や聖職者,ジロンド派,反革命内乱参加者など)の多数を迅速に断頭台に送った。…

【国民公会】より

…1792年9月21日の第1回会議から95年10月26日の解散まで,3時期に分けられる。第1期は,約750名の議員のうち過半数を占める中間派(〈平原派la Plaine〉とか〈沼派le Marais〉と呼ばれた)をはさんで右派のジロンド派と左派の〈山岳派〉が対立した時期である。はじめジロンド派は山岳派に対して優勢であったが,対外戦争の敗北,国内の反革命の激化と社会経済危機などの内外の革命の危機に有効に対処しえず,しだいに中間派の支持を失い,また立憲君主派や王党派との妥協をはかったために,93年6月2日,パリ民衆の包囲のなかで議会から追放された。…

【ジャコバン主義】より

…フランス革命期,とくに1793年から94年にかけて,ジャコバン・クラブに属する革命家たちが抱いた思想および行動方針。政治的結社としてのジャコバン・クラブそのものは89年秋から94年末まで存在したが,その全期間を通じて一貫した方針というものはなく,革命の進行につれてジャコバン・クラブをリードする政治勢力は交替し,93年初めにジロンド派に代わって山岳派がジャコバン・クラブの主導権を握った。一般にジャコバン主義といわれるのは,この山岳派(とくにロベスピエール)が主導するようになってから94年テルミドール9日までの期間におけるジャコバン・クラブの人々の方針を指す。…

【フランス革命】より

…すなわち,国境の危機を救うために全国から義勇兵がパリに参集したが,その義勇兵とパリの民衆は,出陣に先立って国内の敵を一掃する必要を痛感し,同年8月10日,王宮を襲ってついに王政を廃止させるにいたったのである。
【山岳派独裁】
 92年8月10日は,革命の路線を大きく変えるいわば第2の革命であった。単に王政が廃止されただけではなく,ブルジョアジーと自由主義的貴族との同盟によって革命を妥協的な形で終結させようとする方式そのものが破産し,内外の強力な反革命勢力を前にして,ブルジョアジーは,民衆や農民の力を借りざるをえず,それらとの同盟によって革命を徹底的に推し進めるほかはなくなったのである。…

※「山岳派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山岳派の関連情報