コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラービト朝美術 ムラービトちょうびじゅつAlmoravid art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムラービト朝美術
ムラービトちょうびじゅつ
Almoravid art

11世紀なかばから約1世紀間,現在のモロッコアルジェリアチュニジアなどマグレブ地方において展開したムラービト朝下のイスラム美術。アルジェ,ネドロマ,トレムセンの大モスクおよびフェスのカラウィーン・モスクは現存する代表的遺構。いずれも太いピアの上に円頭馬蹄形アーチを並べ,木造天井をかけた建築で質素な性格を示す。また壁面装飾には繊細な植物文様,文字文様が用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ムラービト朝美術の関連キーワードトレムセン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android