ムロ(読み)むろ

盆栽用語集「ムロ」の解説

ムロ

冬場の保護をするための保護設備の総称。ちなみに寒さのピークの前に樹をここに取り込むことをムロ入れと呼び、春先にここから出すことをムロ出しと呼ぶ。プレハブでもビニールハウスでも何でもよく、寒風積雪の凍て割れなどから守れる閉め切った密室があればよい。基本的には無加温が望ましく、また日中に換気しやすいようなどがあれば理想的。

出典 (株)近代出版盆栽用語集について 情報

栄養・生化学辞典「ムロ」の解説

ムロ

 [Decapterus macrosoma].モロともいう.スズキ目アジ科の海産魚.35cmほどになる.食用魚.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のムロの言及

【ネズ】より

…暖地にみられるヒノキ科の常緑小高木で,針葉の先が硬くとがり,触れると痛いのでネズミサシともいう(イラスト)。古名はムロ。高さ3~10m,直径30cmに達し,幹の樹皮は灰褐色で薄くはげる。…

※「ムロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android