日中(読み)ニッチュウ

デジタル大辞泉の解説

にっ‐ちゅう【日中】

日がのぼっている間。ひるま。「日中留守にすることが多い」→補説
六時の一。まひる。正午。また、その時に行う勤行(ごんぎょう)。

にっ‐ちゅう【日中】

日本と中国。「日中友好」「日中文化交流」

ひ‐なか【日中】

日のあるうち。昼間。にっちゅう。「昼日中
半日。
「門の外にわしを―程待たせて」〈浄・本田善光日本鑑〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にっちゅう【日中】

日の出ている間。昼間。
六時の一。正午および正午を中心とするほぼ四時間。また、その間に行う勤行。 「 -の御加持/源氏 夕霧

にっちゅう【日中】

日本と中国。 「 -友好」 「 -貿易」

ひなか【日中】

昼の間。ひるま。にっちゅう。 「昼-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にっ‐ちゅう【日中】

[1] 〘名〙
① 日のある間。日の出から日没までの間。ひるのあいだ。ひるま。白昼
※新撰万葉(893‐913)上「日中怨恨猶応忍、夜半潜然涙作泉」
※評判記・色道大鏡(1678)一五「日中(ニッチウ)より家を出て、京屋と謂し挙亭に入り」 〔易経‐豊卦〕
② 仏語。昼夜六時のうちの一つ。正午。また、その時行なわれる勤行。
※霊異記(810‐824)下「日中の時、鐘を打つ音を聞きて」 〔書経‐無逸〕
③ 昼食。
※経覚私要鈔‐宝徳二年(1450)二月二八日「午刻着橘寺。日中胤仙用意之
④ 一日中。終日
※中華若木詩抄(1520頃)中「山の頂より烟か日中に立つぞ」
[2] 日本と中国。
※赤い国の旅人(1955)〈火野葦平〉四月二一日「日中友好、日中貿易等はすべて」

ひ‐なか【日中】

〘名〙
① 昼のあいだ。ひるま。にっちゅう。
※滑稽本・七偏人(1857‐63)三「結句日中(ヒナカ)より往来賑はふ往還を」
② 半日。
※神宮文庫本発心集(1216頃か)四「日中か計有て思の外に生き出で給し」
③ 昼のあいだのひまな時間。
※雑俳・化粧紙(1826)「是は甘露じゃ・世話しい中から出る日中」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日中の関連情報