ムワタ・ヤンボ王国(読み)ムワタヤンボおうこく

世界大百科事典 第2版の解説

ムワタヤンボおうこく【ムワタ・ヤンボ王国】

かつて中部アフリカに存在していたルンダ族Lundaの王国。ムワタ・ヤンボMwata Yamvoという称号をもつ支配者に統治されていたことからこの名がある。現在のコンゴ民主共和国南部に興ったもので,1600年ころチビンダ・イルンガChibinda Ilungaによって建国された。彼はルバ族の国からこの地に移り住むと,ルンダ族の女王ルウージュと結婚し,ルンダ族の社会をルバ型の中央集権的国家へと再編成して,ムワタ・ヤンボとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android