ムワタ・ヤンボ王国(読み)ムワタヤンボおうこく

世界大百科事典 第2版の解説

ムワタヤンボおうこく【ムワタ・ヤンボ王国】

かつて中部アフリカに存在していたルンダ族Lundaの王国。ムワタ・ヤンボMwata Yamvoという称号をもつ支配者に統治されていたことからこの名がある。現在のコンゴ民主共和国南部に興ったもので,1600年ころチビンダ・イルンガChibinda Ilungaによって建国された。彼はルバ族の国からこの地に移り住むと,ルンダ族の女王ルウージュと結婚し,ルンダ族の社会をルバ型の中央集権的国家へと再編成して,ムワタ・ヤンボとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android