コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルバ族 ルバぞくLuba

世界大百科事典 第2版の解説

ルバぞく【ルバ族 Luba】

中部アフリカ,コンゴ民主共和国の南部に住むバントゥー系の農耕民。ルバ語系の言語を話す部族には,ほかにルルア,ルンダ,ソンゲ,ヤケなどがあり,大きな言語集団を形成するため,ルバ(チルバ)語は,リンガラ語,スワヒリ語,コンゴ語とならび,コンゴ民主共和国の国語に採用されている。1960年のコンゴ(現,コンゴ民主共和国)独立以降の政治的混乱のなかでも,ルバ族は大きな政治勢力を形成した。ルバ族はカサイ・ルバ,シャバ・ルバ,そしてヘンバ・ルバの3グループに分かれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のルバ族の言及

【コンゴ民主共和国】より

…ヤギ,犬,鶏,アヒルなどの家畜や家禽も飼育されているが,ツェツェバエの害のある地域では牛は飼育できない。ルバ族などサバンナ地域の住民は牛や羊を飼育し,モロコシ,ミレット,トウモロコシなどを栽培している。コンゴ川水系の無数の河川では漁労は重要であり,とくにキサンガニ近辺のワゲニア族の大規模な罠漁は有名である。…

※「ルバ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ルバ族の関連キーワードカサイオクシデンタル州アモス チュツオーラカサイオリエンタル州ムワタ・ヤンボ王国オドゥーア人民会議オグボーモショーオスンオソボ聖林イケレエキティオグボモショダホメー王国イジェブオデアウォロウォクルンバ族母子神信仰ショインカアベオクタベニン王国イフェ王国オショグボラゴス島

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android