コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムント塔 ムントトウ

1件 の用語解説(ムント塔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ムント‐とう〔‐タフ〕【ムント塔】

Munttoren》オランダの首都アムステルダムの中心部にある塔。15世紀、市街を取り囲む城壁とともに建造。城壁は17世紀に取り払われたがこの塔は残り、時計台が取り付けられた。28個のカリヨン(組み鐘)をもつ。ムントタワー
[補説]ムント(munt)はオランダ語で貨幣の意。1672年にフランスアムステルダムを侵略した際、この塔で貨幣の鋳造をしたことに由来する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムント塔の関連キーワードオランダ語オランダ商館オランダ通詞オランダ屋敷イギリスオランダ戦争オランダ芥子オランダ坂オランダ渡りダッチ海牙

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone