コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メアリー-アーデンの家 メアリーアーデンのいえ

1件 の用語解説(メアリー-アーデンの家の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

メアリーアーデンのいえ【メアリー-アーデンの家】

イギリスのイングランド中部のストラトフォードアポンエイヴォン(Stratford-upon-Avon)から約5.6km離れた郊外にある、文豪ウィリアムシェークスピア(William Shakespeare、1564~1616年)の母メアリーアーデンの生家。現在、博物館になっている。1514年に建てられ、1960年代まで農家として使われていた。メアリーは裕福な農場主のロバート・アーデンの娘としてこの家に生まれ、1557年にジョン・シェークスピアと結婚して、フォードアポンエーヴォンのヘンリーストリートシェークスピアの生家)に移り住むまでの娘時代を過ごした。ここがアーデン家の農場だったと伝えられてきたが、2000年のシェークスピア生誕の地基金の調査により、この農家がアーデン家の住まいだったことを示す証拠の書類が発見された。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メアリー-アーデンの家の関連キーワードイギリス東インド会社ハイランドバノックバーンストラトフォードアポンエーボンローランドチェビオットイングリッシュ・シンフォニアシェークスピア生誕祭Hastingsイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone