農場(読み)ノウジョウ

  • のうじょう ‥ヂャウ
  • のうじょう〔ヂヤウ〕

世界大百科事典 第2版の解説

農業生産が営まれている比較的規模の大きい農地と,生産のために必要とされる機械やその他の諸施設を装備している経営単位。家畜飼養を伴うことも多い。経営規模や装備などについての厳密な規定はなく,慣用的に用いられるもので,経営主体は個人,企業体,公共機関などの場合がある。その土地の名やその性格を示すような名称をとることが多い。ソ連国営農場(コルホーズ)や集団農場(ソホーズ)はきわめて規模の大きい農業の生産組織であり,アメリカやオーストラリアなどの個人所有の農場にも数千haの規模のものがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

農業経営を行うのに必要な土地・建物・施設などのある一定の場所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 組織的な農業経営を行なうために、土地と農舎・農機具などを備え、耕作・牧畜をしながら人々が生活している一定の場所。
※南国記(1910)〈竹越与三郎〉八「農会は人を派して耕作法を改良し、肥料を用ゆるを勧め、農場を有して、種子苗木を売り出し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

農場の関連情報