コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メアンデル Maeander[ラテン]

世界大百科事典 第2版の解説

メアンデル【Maeander[ラテン]】

小アジアを西流しエーゲ海に注ぐ,トルコのメンデレス川の古称。古代ギリシア名はマイアンドロス。美術史では,蛇行するこの川にちなんで,曲折する装飾モティーフによる文様(卍つなぎ,雷文,波頭連続文など)の総称として用いられる。とくにギリシア美術の幾何学様式時代に,を基本単位として,さまざまな変化を示す連続文が流行し,この時代の盛期(前9~前8世紀)の陶器を飾った。【福部 信敏】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

メアンデルの関連キーワードメアンダー高橋悠治

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android