コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メイズホウ Maes Howe

デジタル大辞泉の解説

メイズ‐ホウ(Maes Howe)

英国スコットランド北岸、オークニー諸島メーンランド島にある円墳。直径35メートル、高さ7メートル。紀元前2700年頃のものとされる。埋葬品は12世紀頃、バイキングが持ち去ったと考えられている。スカラブラエの集落跡、環状列石ストーンズオブステネスリングオブブロッガーなど、近隣の遺跡とともに、1999年「オークニー諸島の新石器時代遺跡中心地」として世界遺産(文化遺産)に登録された。マエスホウ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android