メクラヤムシ(読み)めくらやむし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メクラヤムシ
めくらやむし / 盲矢虫
[学]Sagitta macrocephala

毛顎(もうがく)動物門矢虫綱無膜目ヤムシ科に属する海産動物。体長は4センチメートル以下で、筋肉は発達し、体は硬く、体色は不透明。頭が巨大で、眼色素を欠く。広く大洋の中層に生息するプランクトンで、腸管が橙朱(とうしゅ)色の個体がしばしば採集される。この色素はカロチノイドであり、餌(えさ)の色素に由来するのではなく、ヤムシ自身により生合成される。本種よりさらに深層に分布するシンカイアカヤムシEukrohnia fowleriも、同じように着色していることがある。浮遊性橈脚(どうきゃく)類を摂食する。[永澤祥子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android