深層(読み)シンソウ

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐そう【深層】

〘名〙 深い層。奥深くかくれた部分。
※古典と現代文学(1955)〈山本健吉〉詩の自覚の歴史「いっそうこの作品は作者の深層の声を含んでいる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の深層の言及

【深海】より

…海洋の構造のうえから見ると,海表面から深度200mまでは季節変化を受け表層(表面混合層とも)と呼ばれ,それ以深200~1000mに温度が急激に下降する主躍層があり,1000~3000mまでは徐々に下降し,3000m以深はほぼ一定である。表面から主躍層まで(0~1000m)を表層とすることもあり,それに対比させて1000~3000mを中深層と呼ぶこともあって,それ以深の深層と区別される。海水循環においても中深層と深層とでは違いがある。…

※「深層」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報