コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタ構文変数 メタコウブンヘンスウ

デジタル大辞泉の解説

メタ‐こうぶんへんすう【メタ構文変数】

プログラミング言語などで使用される識別子の一種。サンプルプログラムで、特別な意味をもたない名前が必要なときに代用されるhoge、piyoなどの文字列を指す。欧米ではfoo、spam、hamなどが用いられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

メタ構文変数の関連キーワードスパムハムぴよほげ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android