識別子(読み)しきべつし(英語表記)identifier

図書館情報学用語辞典 第5版「識別子」の解説

識別子

(1)特に,シソーラスを利用するような統制語索引法の場合,地名人名,機関名などの固有名を,一般概念を表す索引語と区別し,より簡単なリストとして管理することがある.このように扱われるものを識別子という.索引システムの対象分野によっては,化学物質,特許明細番号,規格番号なども識別子として扱われる.また,システムによっては,ある索引語をディスクリプタとして採用するまでの準備期間中,試験的に識別子として区別しておくこともある.(2)MARCレコードにおけるサブフィールドコードのこと.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「識別子」の解説

識別子

プログラミング言語において、パッケージクラスインターフェイスメソッドフィールド変数などに付ける名前のこと。言語種類によって命名規則が異なる。Javaの場合、識別子に数字を含めることはできるが数字で始めることはできず、記号の中で利用できるのは「:」(ドル記号)と「_」(アンダーバー)だけとなっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android