コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メラーノ Merano

デジタル大辞泉の解説

メラーノ(Merano)

イタリア北東部、トレンティーノアルトアディジェ自治州の町。オーストリアとの国境近く、標高2000~3000メートル級の山々に囲まれ、アディジェ川の支流パッシリオ川が流れる。19世紀から20世紀にかけてオーストリア領となり温泉の開発が進められ、現在も山岳リゾートとして知られる。毎年夏、ジャコモプッチーニ劇場において国際音楽祭が催される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メラーノ
めらーの
Merano

イタリア北東部、トレンティーノ・アルト・アディジェ自治州ボルツァーノ県の都市。ドイツ語が併用され、ドイツ語名をメランMeranという。人口3万3404(2001国勢調査速報値)。パッシーリオ川とアディジェ川の合流点近くに位置する。オーストリア領であった南チロール地方の中心都市で、1814年以降オーストリア政府の主導により観光地として急速に発展した。1919年にイタリア領となる。ブドウや果実が栽培され、化学工業などもみられる。競馬場がある。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メラーノの関連キーワードバッハ:フーガ イ長調/piano soloヨハン・エルンスト ケーラーフランコ ダンドレアイタリアのクリスマスアルミン ツェゲラーアルネ ヤコブセンツーシェック効果ギルド社会主義ランバート氷河ゆかいに歩けばお馬にのってひかるこみち元気に笑え4月23日こびとの歌高木 鳰子人工栄養児小児壊血病宗教改革第三帝国

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android