メレンゲ(読み)めれんげ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メレンゲ(菓子)
めれんげ
meringueフランス語

卵白を固く泡立て、砂糖、香料で味つけしたもので、純白色で光沢がある。そのまま洋菓子の飾りにしたり、弱火のオーブンで形のまま乾燥焼きにして菓子にする。メレンゲの名は、ルイ15世の皇后マリア・レシチンスカが広めたと伝えられている。種類はコールドとホットの2種で、コールドは泡立てたそのままのもの、ホットはオーブンで焼いたものをいう。[小林文子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メレンゲの関連情報