ホット

精選版 日本国語大辞典「ホット」の解説

ホット

〘名〙 (hot)
① (形動) 熱いこと。また、そのさま。〔外来語辞典(1914)〕
※古川ロッパ日記‐昭和一五年(1940)一〇月一九日「熱がこれだけあるし頭もホットになり」
② (形動) 飲み物などで、熱くした状態のもの。また、そのさま。特に「ホットコーヒー」を略していうことも多い。
※遠い横顔(1954)〈永井龍男〉時間「甘くなく、ホットにして、一杯呉れないか」
③ (形動) 事件などが、最新であること。また、そのさま。「ホットな話題」
④ (形動) 激しい動きのあるさま。また、熱狂的であるさま。
⑤ 「ホットジャズ」の略。
⑥ (形動) 味がからいこと。また、そのさま。「香辛料を効かせたホットなカレー」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ホット」の解説

ホット(hot)

[名・形動]
熱いこと。また、そのさま。特に、飲食物などの熱くしたものにいう。「コーヒーをホットで飲む」「ホットミルク」⇔コールド
ごく新しいこと。生々しいこと。また、そのさま。「ホットな話題」
強烈なさま。激しいさま。「ホットな論戦」
[類語](1熱い熱熱火照る/(2新しい瑞瑞みずみずしい新鮮生鮮生新清新フレッシュ生生なまなましいなま鮮度ぴちぴち取れ立て生き生き真新しい初初ういういしい溌剌はつらつ最新トレンディー新た目新しい斬新最先端真っさら出来立てほやほや新味新風新品生き活気新進新進気鋭新鋭新星/(3熱情的情熱的意欲的精力的熱狂的白熱的エネルギッシュ激越狂熱熱烈烈烈熱血熱っぽい血が騒ぐ血気盛んパッショネートバイタル活発快活精彩元気活動的動的ダイナミックエナジェティックあぶらが乗る水を得たうおのようバイタリティー生き生ききゃぴきゃぴいけいけのりのりぴちぴち溌剌はつらつ生生せいせいビビッド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android