コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モノオキシゲナーゼ

栄養・生化学辞典の解説

モノオキシゲナーゼ

 酸素分子を基質として酸素1原子を化合物に導入するオキシダーゼ.一般式では,AH+O2+2H+2e→AOH+H2Oの反応を触媒する.ヘムや非ヘム鉄,もしくは金属イオンをコファクターとする.シトクロムP-450は一つの例.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のモノオキシゲナーゼの言及

【酸化還元酵素】より

… 分子状酸素との直接反応の結果,酸素原子を基質にとりこむ様式の反応を触媒する酵素もあり,これらは酸素添加酵素(オキシゲナーゼoxygenase)と呼ばれる。酸素分子中の2原子のOがいずれも基質にとりこまれる反応を触媒するもの(ジオキシゲナーゼ)と,一方を基質にとりこみ,一方を還元してH2Oにするモノオキシゲナーゼ(ヒドロキシラーゼhydroxylaseともいう)とがあり,鉄,銅などの金属を含むものが多い。生体内においては,水酸化(解毒,ある種のホルモンの生合成などに関係),脂肪酸の不飽和化,プロスタグランジンなどの生理活性物質の代謝,芳香族化合物の酸化的分解など,多くの反応に関与する。…

※「モノオキシゲナーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

モノオキシゲナーゼの関連キーワードシトクロムPトリプトファン5ドーパミンβトリプトファンオキシゲナーゼフェニルアラニン水酸化酵素キヌレニンヒドロキシラーゼチロシンヒドロキシラーゼフェニルアラニナーゼリシンオキシダーゼオキシゲナーゼリシン酸化酵素チロシナーゼチトクロムスクアレン水酸化酵素

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android