コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モノクロニウス Monoclonius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モノクロニウス
Monoclonius

白亜紀後期の北アメリカにいた爬虫類鳥盤目に属する草食恐竜。体長約 5mの四肢動物で,鼻の上に突き出たまっすぐの角をもっていた。後頭部の首筋,あるいはひだの孔は長く,後方のへりから骨質の突起が突き出ている。皮膚は多角形の骨板で装飾されている。モノクロニウスとは,ギリシア語で「1本の幹をもった」という意味。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のモノクロニウスの言及

【角竜】より

…また,各種属のものはそれぞれに年齢とともに段階的に変化がみられる。角はプロトケラトプスではほとんど発達せず,モノクロニウスMonocloniusでは鼻の上に1本,トリケラトプスなどでは鼻の上の角が小さく,目の上の左右2個の角が大きくなる。角の表面にはケラチン質の鞘(さや)があったらしく凸凹がある。…

※「モノクロニウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

モノクロニウスの関連キーワード角竜類

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android