コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨質 コッシツ

2件 の用語解説(骨質の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こっ‐しつ【骨質】

動物の骨のような物質。また、骨のような性質。
骨組織の基質をつくる硬たんぱく質。コラーゲン燐酸(りんさん)カルシウム炭酸カルシウム・燐酸マグネシウムからできている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の骨質の言及

【うろこ(鱗)】より

…〈うろこ〉が魚の代名詞として使われたことからもわかるように,日本人にとって最もなじみ深いのは魚類のうろこである。現生の硬骨魚類にみられるうろこのほとんどは,骨鱗と呼ばれる真皮中に生じた骨質の小板であるが,原始的な硬骨魚類や軟骨魚類は由来や形態のやや異なるうろこをもっている。 そもそもうろこの起源は最古の脊椎動物である古生代初期の甲皮類の甲羅(外骨格)にまでたどることができる(図)。…

【骨】より

…硬骨魚類では一般に内骨格が骨化しているとともに,頭蓋の一部やその周囲に多数の皮骨がある。うろこも皮骨であるが,現在の真骨魚類がもつ骨鱗(こつりん)は骨質が薄く退化したものである。四足動物では一般に頭蓋の大半が皮骨でできているほかは皮骨性の骨は少ない。…

※「骨質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

骨質の関連情報