コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モリーゼ州 モリーゼMolise

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モリーゼ〔州〕
モリーゼ
Molise

イタリア中東部の州。アドリア海に面する。州都カンポバッソ。 1965年にアブルッツォエモリーゼ州が2つに分れてつくられた。州の西部にはアペニン山脈の高山が連なり,その他の部分は,アドリア海沿岸部まで続く丘陵地帯で,農牧業 (ムギ,ジャガイモ,ブドウ,畜産) を主とし,工業化は同国で最も遅れている。 1861年以来現在にいたるまで,人口はほとんど増加しておらず,他地域および国外に大量の移民を送り出してきた。面積 4438km2。人口 32万 916 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

モリーゼ州の関連キーワードカチョカヴァッロ・シラーノモリーゼ[州]アブルッツィ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android