コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンギール Monghyr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンギール
Monghyr

インド北東部,ビハール州北東部の町。モンギール県の行政庁所在地。パトナ東南東約 140km,ガンジス川南岸に位置。4世紀にグプタ朝のもとで建設されたといわれ,背後をカラグプル丘陵に守られた戦略上の要地で,9世紀に築城。 1580年ムガル帝国の武将トーダル・マルが城を改築。 1763年にベンガルの太守ミール・カシームの都となり,兵器庫や宮殿が造られた。シャー・ムスク・ナファ廟 (1497) が残る。伝統的な刀剣,銃の産地で穀物の大集散地。国内有数のたばこ工場の一つがある。人口 15万 42 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android