モンテ城(読み)モンテじょう

百科事典マイペディアの解説

モンテ城【モンテじょう】

イタリア南部,プーリア州アンドリアの南方18kmにある城。カステル・デル・モンテとも。1240年ごろ,第6次十字軍を指揮した神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世がイタリアに建てた200あまりの居城のひとつ。外壁に高さ24mの八角形が8塔つき,中庭に面した城の内部は1,2階とも各8つの部屋からなる。水道設備が整い,屋根や塔の貯水槽にたまった雨水が各部屋に流れる仕組みになっている。古代の建築とイスラム風の建築,北欧シトー派ゴシック様式が見事に融合した建造物。1996年,世界文化遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android