雨水(読み)うすい

デジタル大辞泉の解説

あま‐みず〔‐みづ〕【雨水】

降る。また、雨が降ってたまった水。天水(てんすい)。うすい

う‐すい【雨水】

あまみず。
二十四節気の一。2月19日ごろ。水ぬるみ、草木の芽が出始めるころの意。 春》「薩埵(さった)富士雪縞あらき―かな/風生

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あまみず【雨水】

降る雨の水。また、雨が降ってたまった水。

うすい【雨水】

あまみず。
二十四節気の一。一月中気。太陽の黄経330度のときにあたる。現行の太陽暦では2月18、9日頃。草木の芽が出始めるという。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雨水
うすい

二十四節気の一つ。陰暦正月のなかで、立春後15日、新暦では2月18、19日にあたる。雨水とは「気雪散じて水と為(な)る也(なり)」(『群書類従』第19輯(しゅう)「暦林問答集・上」)といわれるように、雪が雨に変わり、氷が融(と)けて水になるという意味である。春の季語。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雨水の関連情報