コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨水 うすい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雨水
うすい

二十四節気の一つで,旧暦正月の中気にあたる。天球上の太陽の黄経は 330°,現行暦の日付では2月 19日頃である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あま‐みず〔‐みづ〕【雨水】

降る。また、雨が降ってたまった水。天水(てんすい)。うすい

う‐すい【雨水】

あまみず。
二十四節気の一。2月19日ごろ。水ぬるみ、草木の芽が出始めるころの意。 春》「薩埵(さった)富士雪縞あらき―かな/風生

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本文化いろは事典の解説

雨水

2月19日 頃雨水とは、雪が雨に変わり雪解けが始まるという日で、忍び寄る春の気配に草木が蘇るという意味があります。とはいえ東日本ではまだ雪が深く、関東東海地方にあたっては、この時期から雪が降り始めるそうです。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あまみず【雨水】

降る雨の水。また、雨が降ってたまった水。

うすい【雨水】

あまみず。
二十四節気の一。一月中気。太陽の黄経330度のときにあたる。現行の太陽暦では2月18、9日頃。草木の芽が出始めるという。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雨水
うすい

二十四節気の一つ。陰暦正月のなかで、立春後15日、新暦では2月18、19日にあたる。雨水とは「気雪散じて水と為(な)る也(なり)」(『群書類従』第19輯(しゅう)「暦林問答集・上」)といわれるように、雪が雨に変わり、氷が融(と)けて水になるという意味である。春の季語。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

雨水の関連キーワード雨水利用推進法坑内防水ダム雨水タンク水源涵養林都市型水害防雨型器具ガーゴイル雨水浸透桝雨水貯留槽雨水処理槽根本順吉群書類従地すべり雨仕舞い水溜まり太陽暦雨漏りドレン集水溝沢手米

雨水の関連情報