コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨水 うすい

7件 の用語解説(雨水の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雨水
うすい

二十四節気の一つで,旧暦正月の中気にあたる。天球上の太陽の黄経は 330°,現行暦の日付では2月 19日頃である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あま‐みず〔‐みづ〕【雨水】

降る雨の水。また、雨が降ってたまった水。天水(てんすい)。うすい。

う‐すい【雨水】

あまみず。
二十四節気の一。2月19日ごろ。水ぬるみ、草木の芽が出始めるころの意。 春》「薩埵(さった)富士雪縞あらき―かな/風生

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本文化いろは事典の解説

雨水

2月19日 頃雨水とは、雪が雨に変わり雪解けが始まるという日で、忍び寄る春の気配に草木が蘇るという意味があります。とはいえ東日本ではまだ雪が深く、関東・東海地方にあたっては、この時期から雪が降り始めるそうです。

出典|シナジーマーティング(株)
日本文化いろは事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

あまみず【雨水】

降る雨の水。また、雨が降ってたまった水。

うすい【雨水】

あまみず。
二十四節気の一。一月中気。太陽の黄経330度のときにあたる。現行の太陽暦では2月18、9日頃。草木の芽が出始めるという。 [季] 春。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雨水
うすい

二十四節気の一つ。陰暦正月のなかで、立春後15日、新暦では2月18、19日にあたる。雨水とは「気雪散じて水と為(な)る也(なり)」(『群書類従』第19輯(しゅう)「暦林問答集・上」)といわれるように、雪が雨に変わり、氷が融(と)けて水になるという意味である。春の季語。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雨水の関連情報