モーレツ社員(読み)もーれつしゃいん

知恵蔵mini「モーレツ社員」の解説

モーレツ社員

会社への忠誠心が非常に高く、自ら家庭などを犠牲にしてまでがむしゃらに働くサラリーマンのこと。猛烈社員、企業戦士ともいわれる。1950年代~70年代の日本の高度経済成長期に生まれた言葉で、バブル経済崩壊後は賃金カット整理解雇・非正規雇用の増大などにより、属する企業への忠誠心が薄れモーレツ社員は減少している。電通総研が2015年8月に発表した調査結果では、に3日以上働いている18~29歳の男女3000人でモーレツ社員という言葉を知っている人は21.7%にとどまっている。

(2015-8-18)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android