整理解雇(読み)せいりかいこ

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

整理解雇

普通解雇の1つで、人員削減を目的とした解雇のこと。雇用者側の責任による解雇ではなく、使用者が経営上の理由で行う解雇をいう。この点で雇用者の不正行為等に対する懲罰の性格をもつ懲戒解雇とは区別される。 企業が「リストラ」を行うときに整理解雇を伴う場合があるが、リストラは元来もっと広い意味であり、この両者は同義ではない。 整理解雇が有効であるためには、(1) 人員削減の必要性、(2) 解雇回避努力義務の履行、(3) 被解雇者選定の合理性、(4) 手続きの妥当性の4つの要件を満たすことが必要とされている。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいり‐かいこ【整理解雇】

経営危機下にある企業が、人件費を減らし、事業の維持継続を図るために一方的に雇用契約を解除すること。整理解雇を行うためには、(1)人員整理の必要性があるか、(2)解雇回避のための努力をしたか、(3)被解雇者の選定基準に合理性はあるか、(4)解雇手続きに妥当性はあるか、の4要件を満たす必要があるとされ、そうでない場合は不当解雇となる可能性がある。→懲戒解雇リストラ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

人材マネジメント用語集の解説

整理解雇

・企業経営の合理化などにより発生する余剰人員を削減する目的で実施される解雇。
・整理解雇が有効なものであるかの判断要素は、①経営上の必要性(経営環境の悪化等)、②解雇回避努力の実施(十分な回避努力がなされたか)、③被雇用者選定の合理性、④手続きの妥当性、の4つによって判断される。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

世界大百科事典内の整理解雇の言及

【解雇】より


[解雇の態様]
 使用者の行う解雇は,その原因ないし理由が使用者側にあるか,それとも労働者側にあるかによって,実際上,これをいくつかのタイプに分けることができる。たとえば,前者については経営難の打開,余剰人員の削減など,もっぱら企業財政上の理由から行われる〈整理解雇〉がある。この解雇は経済的観点から労働力の量的調整を図るという意味において集団的解雇とも呼ばれる。…

※「整理解雇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

整理解雇の関連情報