コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤイトムシ類 ヤイトムシるいSchizomida

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤイトムシ類
ヤイトムシるい
Schizomida

クモ綱ヤイトムシ目に属する種類の総称。体長2~7mm。体は前体部と後体部が腹柄でつながり,短い尾を有する。鋏角は2節で鋏状,触肢は歩脚状で先がとがる。第1歩脚は膝節を欠き,感覚器として働く。書肺は1対しかない。落ち葉や石の下など暗く湿った場所に生活し,夜行性で小昆虫などを捕食する。オーストラリアを除く世界の熱帯,亜熱帯に分布し,ヤイトムシ科 Hubbardiidaeおよびムカシヤイトムシ科 Protoschizomidaeの3属約 180種を含む。日本にはザウターヤイトムシ Apozomus sauteri (琉球諸島) ,ウデナガヤイトムシ Bamazomus siamensis (沖縄本島,宮古島) ,ダイトウヤイトムシ Apozomus daitoensis (大東諸島) ,サワダムシ Orientzomus sawadai (小笠原諸島) の4種類が産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヤイトムシ類の関連キーワードコヨリムシ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android