ヤトロファ(英語表記)Jatropha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ヤトロファ」の解説

ヤトロファ
Jatropha

タイワンアブラギリトウダイグサ科高木,低木,草木を含む属で,熱帯アメリカ,アフリカなどに約 150種ある。花と葉が美しいモミジバヤトロファ J. multifidaは観賞用に栽培される高さ1~2mの小低木で,がとくり状にふくらむ。葉は掌状に深裂し,濃赤色の花をつける。タイワンアブラギリ J. curcasは雌雄異株の落葉小高木で,熱帯アメリカの原産,高さ2~5mとなり,枝を傷つけると有毒の白い乳液を出す。葉は互生し,広心臓形で3~5裂し長さ 10~20cm,アブラギリ (油桐)の葉に似ている。花は黄緑色,小型で,生または頂生の集散花序に多数つく。 蒴果は扁球形または長楕円体で2個の種子を含み,種子にはクルカス油 curcus oilと呼ばれる黄緑色の油が含まれ,医薬,灯用油,石鹸塗料などに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android