集散花序(読み)しゅうさんかじょ(英語表記)cyme

翻訳|cyme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集散花序
しゅうさんかじょ
cyme

仮軸分枝による花のつき方。すなわち,軸の先端生長点が一度止って花がつき,あらためてそのすぐ下から枝が出て伸長して花をつけ,さらにその下から分枝生長するような形となる有限花序の一つ。この場合ガマズミにみられるように分枝が比較的密集して出れば,多散花序となり,ミズキなどのように密集の度が一層激しくて花序全体が多肉化すれば団散花序となる。さらにその程度が進んで花序の軸が変形し花を包んでしまうようになるとイチジクにみられる隠頭花序となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうさんかじょ【集散花序】

有限花序の一。第一花は主軸の先端につき、その下から出る側枝に次の花をつけることを繰り返す。側枝の数によって岐散花序(ナデシコ)・巻散花序(ムラサキ)などに分ける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android