コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集散花序 しゅうさんかじょcyme

翻訳|cyme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集散花序
しゅうさんかじょ
cyme

仮軸分枝による花のつき方。すなわち,軸の先端の生長点が一度止って花がつき,あらためてそのすぐ下から枝が出て伸長して花をつけ,さらにその下から分枝生長するような形となる有限花序の一つ。この場合ガマズミにみられるように分枝が比較的密集して出れば,多散花序となり,ミズキなどのように密集の度が一層激しくて花序全体が多肉化すれば団散花序となる。さらにその程度が進んで花序の軸が変形し花を包んでしまうようになるとイチジクにみられる隠頭花序となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅうさん‐かじょ〔シフサンクワジヨ〕【集散花序】

有限花序のうち、花軸の先端に花がつき、その下から枝が出て花をつけることを繰り返すもの。狭義には岐散花序をいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうさんかじょ【集散花序】

有限花序の一。第一花は主軸の先端につき、その下から出る側枝に次の花をつけることを繰り返す。側枝の数によって岐散花序(ナデシコ)・巻散花序(ムラサキ)などに分ける。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone