ヤナーチェク:ピアノ・ソナタ 変ホ長調 「1905年10月1日の街角で」/piano solo(読み)Sonata pro klavirni "I.X. 1905, Z ulice"

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ヤナーチェク:ピアノ・ソナタ 変ホ長調 「1905年10月1日の街角で」/piano solo

ヤナーチェクが遺した唯一のピアノソナタ。《予感》と《死》の二つの楽章から成る。旋律に被せられるオスティナートが次第に侵食し、ドラマティックな展開を見せる《予感》、続く《死》ではそのオスティナートが全 ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android