予感(読み)ヨカン

デジタル大辞泉の解説

よ‐かん【予感】

[名](スル)何か事が起こりそうだと前もって感じること。また、その感じ。「いやな予感がする」「運命的な出会いを予感する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

予感

2007年のイラン・日本合作映画。監督:モスタファ・R・キャリミ。テヘランに暮らす中産階級の夫婦に訪れる愛情の危機を描いた人間ドラマ。NHKアジア・フィルム・フェスティバルによる国際共同制作作品。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

よかん【予感】

( 名 ) スル
将来ある事柄が起こりそうな気が何となくすること。また、その感じ。予覚。 「不吉な-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よ‐かん【予感】

〘名〙 事が起こることをなんとなく感じとること。また、その感じ。虫のしらせ
※明暗(1916)〈夏目漱石〉一一三「二人には同じ予感(ヨカン)が働いた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

予感の関連情報