楽章(読み)がくしょう(英語表記)movement

翻訳|movement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楽章
がくしょう
movement

音楽用語。ソナタ協奏曲交響曲のように,1つの楽曲が2つ以上の,それ自体まとまった構成部分に分けられる場合,その各構成部分を楽章という。

楽章
がくしょう
akchang

朝鮮の詩歌形態の一つ。李朝建国の直後に発生した叙事詩王都の移転あるいは新興国家の王業をたたえるための頌歌類であり,宮中儀式や宗廟祭典の際の演奏に合せて歌われた楽歌。発生段階においては定まった形式がなかったが,以後4句2節式基本形が最も多くみられる。代表的でかつ典型的な楽章には,ハングル創製以後最初の作品である『竜飛御天歌』 (125章) ,世宗の作と伝えられる『月印千江之曲』 (約 580章) などがある。作者はほとんど李朝建国の功臣,初期の支配階級であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がくしょう【楽章】

ソナタや交響曲,協奏曲,室内楽,組曲など,それ自体で一応完全なまとまりを有する幾つかの部分から成る器楽曲の個々の部分をいう。急速楽章,緩徐楽章などテンポや書法などの違いから区別することもある。一つの部分しかない場合を単一楽章といい,多楽章の場合,順序によって最初のものを第1楽章,最後のものを終楽章ないしフィナーレともいう。【土田 英三郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

がくしょう【楽章】

ソナタ・交響曲などで、楽曲を構成する一定の独立性を備えた章。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楽章
がくしょう
Satzドイツ語
movement英語

音楽用語。西洋音楽の大きな楽曲(ソナタ、交響曲、協奏曲など)において、それを構成する完全に独立した部分、ないしは比較的独立性の強い部分をさす。各部分は第1楽章、第2楽章などとよばれる。多くの場合、それぞれに速度の指示がなされており、速い楽章を急速楽章、遅い楽章を緩徐楽章といったりする。こういった構成法をもつ楽曲の形式を多楽章形式というが、それに対してリストのピアノ・ソナタ ロ短調のように、部分に分割できない大きな楽曲の形式は単一楽章形式とよぶ。またベートーベンの交響曲第5番や同第9番のように、楽章が存在していても、一部切れ目なく演奏される楽曲も多い。なお組曲では、楽章とよばれる場合もあるが、通常、第1曲、第2曲……とよばれている。[黒坂俊昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

がく‐しょう ‥シャウ【楽章】

〘名〙
① 音楽に合わせて歌う歌。
※史記抄(1477)一七「上の意に思ふ様に新き楽章のふしを弦歌するぞ」
② ソナタや協奏曲、交響曲などの多楽章形式を構成する、一つ一つ完結した楽曲の章。第一楽章、第二楽章など。
※美しい村(1933‐34)〈堀辰雄〉美しい村「『田園交響曲』の第一楽章が人々に与へる快い感動に似たもので」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の楽章の言及

【段】より

…(1)雅楽では,近代では,1曲を章・節・段と細分したときの最小単位に用いる。これは文章の細目用語の応用で,楽章・楽節・楽段とも用い,そのまま洋楽のmovement,phrase,periodの訳語にも用いる。ただし楽段という訳語の用い方は場合によって一定していない。…

※「楽章」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

楽章の関連情報