コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブロチコフ Pawel Nikolajewitsch Jablotschkov

1件 の用語解説(ヤブロチコフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヤブロチコフ【Pawel Nikolajewitsch Jablotschkov】

1847‐94
ロシアの電気技術者。〈電気ろうそく〉と呼ばれたアーク灯を発明し,フランスで活躍した。サラトフ県に生まれ,ペテルブルグの軍学校で学び,モスクワクルスク鉄道の電信主任をつとめた。アーク灯の研究に専心すべく1875年に辞職し,翌年〈電気ろうそく〉を発表した。〈電気ろうそく〉は,陽極,陰極間にカオリンをはさんであり,複雑なレギュレーターが不要であった。アーク灯は室内照明用には光が強すぎるので,電気光の細分化が求められていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヤブロチコフの言及

【アーク灯】より

…アーク放電またはその電極で発光するランプをいい,かつては35ミリ映写機や青図焼付機,探照灯用光源として使われたが,現在では前世紀の遺物といえる。電気利用の最初の光源として,1808年イギリスのH.デービーによって炭素アーク灯が発明されて以来,76年ロシアのP.N.ヤブロチコフが実用化してパリの街路を照明した。日本では79年虎ノ門の工部大学校講堂における中央電信局開業式の祝宴で,イギリス人W.E.エアトンの指導のもと,藤岡市助,中野初子,浅野応輔の学生たちが,グローブ電池50個によってフランス製デュボスク式アーク灯の初点灯に成功,この日3月25日を記念して,1928年以後,電気記念日が制定された。…

※「ヤブロチコフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤブロチコフの関連キーワード笹川繁蔵ローゼン鉱化剤女流文学リベリア内戦メンデルスゾーン南部三閉伊一揆リベリア杉山英全日本マスターズ陸上競技選手権大会

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone