コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤペタス

2件 の用語解説(ヤペタスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヤペタス

土星の第VIII衛星。1671年G.D.カッシニが発見。軌道半径356万100km(土星半径の59.01倍),公転周期79.3302日,半径は718km。土星の東側にあるときと西側にあるときとで明るさが最大7倍も変化することで知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヤペタス【Iapetus】

土星の第VIII衛星。1671年G.D.カッシーニによって発見され,ギリシア神話ティタン神族の一人イアペトスにちなんで名付けられた。軌道半径356万0300km(土星半径の59.34倍),公転周期79.3301日。半径は718km,質量は1.88×1024g(土星の3.31×10-6倍)で,平均密度は1.21g/cm3と求められる。土星の東側にあるときと西側にあるときの明るさが最大7倍も変化する(西側にあるときが明るく,最大光度10.8等)ことで有名であるが,惑星探査機ボエジャー2号の撮影した写真によれば,アルベドが50%の地域と5%の地域が存在することがわかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のヤペタスの言及

【土星】より

…粒子の密度が高いと互いに衝突して細かく砕かれるのであろう。 土星は昔から9個の衛星をもつことが知られており,Iミマス,IIエンケラドス,IIIテチス,IVディオーネ,Vレア,VIチタン,VIIヒペリオン,VIIIヤペタス,IXフェーベと呼ばれている。しかし,ボエジャーはさらに多くの衛星を発見または確認し(いくつかは地上で発見されていた),その総数は21~23となった。…

※「ヤペタス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤペタスの関連キーワードスカジテチスフェーベレアボイジャーカルポ逆行衛星タルボスメトネユミル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone