コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマトウミウシ Homoiodoris japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマトウミウシ
Homoiodoris japonica

軟体動物門腹足綱ドーリス科。体長5~7cmで,体はナメクジ様。背面は黒ずんだ黄または緑色の地に暗黒色の小斑が散在しており,多くの球状突起がある。球状突起の先端は暗黒色。足裏は橙黄色。産卵期は3~7月で,黄または橙黄色の数回巻いたリボン状の卵嚢を産む。相模湾以南の本州太平洋岸と,青森県から九州までの日本海岸の潮間帯の岩礫底にすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android