ヤマハトレール250

日本の自動車技術240選の解説

ブロックパターンの太いタイアと軽量・スリムな車体、高い最低地上高でオフロード走行の本格的なモデルとして作られたオートバイ。 洗練された機能的なデザインが人気を博し、オフロードモデルの先駆けとなった。プライマリーキック始動の5ポートエンジン、セリアニー式フロントサスペンションを装備。エンジンは単気筒レース用モトクロッサーをベースに量産車として新設計した。250ccでありながら1サイズ下の125cc並の設計思想で軽量・コンパクト化を実現した。保管場所ヤマハ発動機株式会社 コミュニケーションプラザ (〒438-8501 静岡県磐田市新貝2500)
製作(製造)年1968
製作者(社)ヤマハ発動機株式会社
資料の種類量産品
現状展示(静態)・公開
車名ヤマハトレール250
型式DT-1
会社名ヤマハ発動機(株)
車種・用途トレール
実車所在/模型コミュニケーションプラザ
製作開始年1968
設計者ヤマハ発動機(株)
スタイルトレース
乗員2名
車両重量123kg
前軸重55kg
後軸重68kg
エピソード・話題性初の本格的なオフロードモデル。
全長2,060mm
全幅890mm
全高1,130mm
前照灯6V-35W
タイヤサイズ(前)3.25-19-4PR
タイヤサイズ(後)4.00-18-4PR
フレームダブルクレードル
懸架方式(前)テレスコピックフォーク
懸架方式(後)スイングアーム
軸距1,360mm
ブレーキ(前)ワイアー内拡式
ブレーキ(後)ロッド内拡式
ダンパー(前)コイルスプリング・オイルダンパー
ダンパー(後)コイルスプリング・オイルダンパー
種類ガソリン空冷2サイクル
気筒配列1気筒
気化器VM26SH
内径x行程70×64
排気量246cc
点火系マグネット点火
最高出力/回転数18.5PS/6,000r.p.m
潤滑方式分離潤滑
始動方式キックスクーター
燃料タンク容量9.5l
変速機常時噛合前進5段
動力伝達方式歯車/チェーン
クラッチ形式湿式多板式
燃費率40km/l(at40km/h)
その他事項最高速度:120km/h;

出典 社団法人自動車技術会日本の自動車技術240選について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android