コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤロスラブリ Yaroslavl'/Ярославль

デジタル大辞泉の解説

ヤロスラブリ(Yaroslavl'/Ярославль)

ロシア連邦西部、ヤロスラブリ州の都市。同州の州都。ボルガ川上流、コトロスリ川との合流点に位置する。「黄金の環」と呼ばれるモスクワ北東近郊の観光都市の一つ。11世紀にキエフ公国のヤロスラフ1世により建設され、水運の拠点として栄えた。モンゴル帝国支配を経て、15世紀にモスクワ公国に併合。旧ソ連時代、工業化が進められた。スパソプレオブラジェンスキー修道院イリヤプロローク聖堂をはじめ、16世紀から17世紀にかけて建てられた歴史的建造物が残っており、2005年に「ヤロスラブリ歴史地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。ヤロスラーブリ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ヤロスラブリの関連キーワードネクラーソフ(Nikolay Alekseevich Nekrasov)ヤロスラヴル市街の歴史地区ペレスラブリザレスキーニコライ ネフスキーネフスキー ニコライV. ブリュッヘルダルビン自然保護区Y. リュビーモフボグダノービッチドミトレフスキーイワン(3世)ウラジーミル派ネクラーソフブリューヘルリュビーモフボルガ[川]ルイビンスクスルコーフヤコブレフコストロマ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android