コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユディシュティラ ユディシュティラYudhiṣṭhira

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユディシュティラ
Yudhiṣṭhira

インドの大叙事詩『マハーバーラタ』に登場する5王子の一人。パーンドゥとその妻プリター (クンティー夫人 ) との間に長子として生れたとされる。また一方では正義神ダルマの子ともされている。王位継承権の問題に端を発し,宿敵ドゥルヨーダナと死闘を繰広げた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のユディシュティラの言及

【マハーバーラタ】より

… ベーダ文献にも知られていた名門バラタ族には,パーンドゥ王の5王子と,ドリタラーシュトラ王の100王子があり,彼らはいとこ関係にありながら,後者は前者の有徳と繁栄をねたんで,ことあるごとに5王子を陥れようとした。そのたくらみは100王子の長兄ドゥルヨーダナが5王子の長兄ユディシュティラを賭博に誘って打ち負かすことによって成功し(第2巻),5王子は辱めを受けたあげく領地を奪われ,12年間の国外追放を宣告される(第3巻)。13年目は素姓を隠してビラータ王の宮廷に住み(第4巻),約束を果たして王国の返還を迫ったが,100王子の側はこれに応じなかったため(第5巻),ここに両軍は聖地クルクシェートラに相会して,18日間の戦争となった。…

※「ユディシュティラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ユディシュティラの関連キーワードドラウパディーアシュバメーダ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android