コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユニテリアン派 ユニテリアンはUnitarians

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユニテリアン派
ユニテリアンは
Unitarians

宗教改革時代に発生した,三位一体に異を唱えるキリスト教の一派。第1位格のみを真の神と認めることによって宗教改革を実行しようとした。 A.パストリスは聖書の文法的文学的解釈という人文主義的批判からこれにくみした。初期には東方を中心とし,16世紀なかばからは,東ヨーロッパ諸国とともに,イギリス (19世紀では J.マーティノーが哲学的に指導) ,アメリカで活動。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ユニテリアン派の関連キーワードエリオット(Thomas Stearns Eliot)ファウスト・パオロ ソツィーニP.H. ウィックスティードエドワード エヴァレットジェイムズ マーティノーイグレシア・ニ・クリストトランセンデンタリズムジョン エバシェッドフィリピン独立教会ブルック・ファームシオドア パーカーウィックスティードロイド・ジョージプリーストリーソッツィーニブラウンソンユニテリアン内ヶ崎作三郎チャニング普遍救済説

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android