コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユンゲ層 ユンゲそう

百科事典マイペディアの解説

ユンゲ層【ユンゲそう】

成層圏の20km付近にあるエーロゾルの多い層。発見者の名にちなむ。エーロゾル層と呼ぶこともある。硫酸の液滴からなるエーロゾルが多い。
→関連項目大粒子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ユンゲ層の関連キーワード鈴木雄介森岡紘一朗競歩山崎勇喜ラージャスターンの丘陵要塞群オゾン層嘉峪関塼室墓競歩グアンタナモ湾バランキヤ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android