コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大粒子 だいりゅうし

百科事典マイペディアの解説

大粒子【だいりゅうし】

エーロゾルの中で粒径が0.1〜1μm(10(-/)6m)の粒子。成層圏の20km高度付近にこの粒子の多い層があり,ユンゲ層と呼ばれている。種粒子は硫酸粒子である。
→関連項目エイトケン粒子巨大粒子

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大粒子の関連キーワードフタロシアニンクラッシャー原子レーザーリボゾームエーロゾル紫外線写真ワイマン宇宙線原形質

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android