コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大粒子 だいりゅうし

百科事典マイペディアの解説

大粒子【だいりゅうし】

エーロゾルの中で粒径が0.1〜1μm(10(-/)6m)の粒子。成層圏の20km高度付近にこの粒子の多い層があり,ユンゲ層と呼ばれている。種粒子は硫酸粒子である。
→関連項目エイトケン粒子巨大粒子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大粒子の関連キーワードフタロシアニンクラッシャー原子レーザーエーロゾル紫外線写真リボゾームワイマン宇宙線原形質

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大粒子の関連情報