コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木雄介 すずき ゆうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木雄介 すずき-ゆうすけ

1988- 平成時代の陸上競技選手。
昭和63年1月2日生まれ。中学時代から競歩をはじめる。平成17年世界ユース10000m競歩で3位。21年世界陸上選手権20km競歩では42位。22年富士通に入社。23年日本選手権20km競歩で優勝し,世界陸上選手権代表に選ばれ,20km競歩で8位に入賞。26年アジア競技大会20km競歩で銀メダル。27年全日本競歩能美大会20km競歩で1時間16分36秒の世界新記録を樹立(陸上の五輪実施種目で日本男子が世界最高記録を出したのは昭和40年マラソンの重松森雄以来50年ぶり)。石川県出身。順天堂大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

鈴木雄介

日本の陸上競技選手(競歩)。1988年1月2日、神奈川県生まれ、石川県能美市出身。170センチ、57キロ。富士通株式会社所属。中学時代に本格的に陸上競技を始め、3000メートル・5000メートル競歩で中学最高記録を打ち立てた。高校時代の2005年、世界ユース1万メートル競歩で銅メダルを獲得。世界陸上選手権大会の20キロメートル競歩では、09年(42位)、11年(8位)、13年(12位)と3大会連続で出場し、12年のロンドン五輪では同競技36位、14年のアジア大会では2位となった。15年3月15日、能美市で行われた陸上全日本競歩能美大会の20キロメートル競歩で、1時間16分36秒の世界新記録で優勝した。競歩で日本人選手が世界記録をマークしたのは男女を通じて初めて。

(2015-3-17)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

鈴木雄介の関連キーワード電子出版

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴木雄介の関連情報