コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユーヌス・ハン ユーヌス・ハンYūnus Khān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユーヌス・ハン
Yūnus Khān

[生]1415/1417
[没]1487
中央アジア,モグリスタン・ハン国第9代のハン (在位 1462~87) 。父バーイスの死後相続争いに敗れ,ペルシアに逃れたが,1462年東トルキスタンのアクス (阿克蘇) を奪い,72年にはモグリスタン全土の支配者となった。チムール朝の内紛に干渉し,タシケントを占領したが,その国土は次男アフマドをいただき,分裂する傾向があった。ユーヌスの死後長男マフムドが跡を継ぎ,アフマドと分治した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ユーヌス・ハンの関連キーワードチムール

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android