コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユーヌス・ハン Yūnus Khān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユーヌス・ハン
Yūnus Khān

[生]1415/1417
[没]1487
中央アジア,モグリスタン・ハン国第9代のハン (在位 1462~87) 。父バーイスの死後相続争いに敗れ,ペルシアに逃れたが,1462年東トルキスタンのアクス (阿克蘇) を奪い,72年にはモグリスタン全土の支配者となった。チムール朝の内紛に干渉し,タシケントを占領したが,その国土は次男アフマドをいただき,分裂する傾向があった。ユーヌスの死後長男マフムドが跡を継ぎ,アフマドと分治した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ユーヌス・ハンの関連キーワードチムール

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android