ユーロ・ボンド(英語表記)Euro-bond

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ユーロ・ボンド」の解説

ユーロ・ボンド
Euro-bond

ユーロ・カレンシーを調達するために起債される債券のこと。起債は無記名で行なわれ,源泉税や取引税は免除となる。幹事団のもとに複数の金融機関による引受けシンジケート団が組織され,新発債市場のほかに既発債市場も発達している。ユーロ・ボンドの発生は,1963年にドル防衛のためにアメリカが利子平衡税導入など一連の対外投資規制を行なった結果,外債調達コストが大幅に増加したことにより,それまで有利であったニューヨーク市場の魅力がなくなったことによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android