ユーロ・ボンド(英語表記)Euro-bond

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ユーロ・ボンド」の意味・わかりやすい解説

ユーロ・ボンド
Euro-bond

ユーロ・カレンシーを調達するために起債される債券のこと。起債は無記名で行なわれ,源泉税や取引税は免除となる。幹事団のもとに複数の金融機関による引受けシンジケート団が組織され,新発債市場のほかに既発債市場も発達している。ユーロ・ボンドの発生は,1963年にドル防衛のためにアメリカが利子平衡税導入など一連の対外投資規制を行なった結果,外債調達コストが大幅に増加したことにより,それまで有利であったニューヨーク市場の魅力がなくなったことによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android