コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨクティ・ポエー Yokthay Pwe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨクティ・ポエー
Yokthay Pwe

ビルマ (現ミャンマー) の糸操り人形芝居。コンバウン朝のボードーパヤー王 (1781~1819) 統治頃,東インドから伝来したとされる。劇構成は,世界の創世神話に始り,精霊ナットの霊を受けた霊媒者の舞踊と歌,自然界にすむ動物の演技,そして錬金術師ザージーの登場へと進む。ここまでは天界が舞台であり,休憩後,世俗界に場面が移る。王,大臣,姫などの登場ののち,道化が伝統的な風俗習慣などを冗談を交えながら語っていく。舞台は簡易な造りで,人形使いは細長い板の上で横一列に立つ。人形の糸には太い麻糸を使い,糸数は平均して 12,3本。 20~60本に及ぶこともある。人形の大きさは 50~90cm,精巧で美しい衣装を着ける。ビルマ全土にわたって演じられたが,題材がザット・ポエーと同じであるため,次第に衰退した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヨクティ・ポエーの関連キーワードビルマ舞踊

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android